ご予約はこちら 06-6871-3911
※ご予約は送迎のみ

〒565-0862 大阪府吹田市津雲台4-2-3

日曜診療無料送迎バリアフリー

吹田市 眼科 コンタクトレンズ 上川眼科

オルソケラトロジー

Mobile Site

オルソケラトロジーにご興味がありましたら、まずはお気軽にご相談・お問い合わせください。

オルソケラトロジーとは?

特殊なデザインの高酸素透過性コンタクトレンズオルソ・ケーレンズを用い、角膜の形状を矯正し、視力を回復させる角膜矯正療法のことです。

いままでのコンタクトレンズとは逆の使い方で、夜寝る時にレンズを装用し、朝起きて外すだけで角膜の形状が変化し視力が回復します。回復した視力は一定期間維持され、日中は裸眼でも良く見えるようになります。
さまざまな近視屈折矯正法の中でも角膜を傷つけることなく非常に安全な方法で近視と乱視を矯正することができる画期的な最新の近視屈折矯正療法として、世界的に注目を浴びています。

安全性について

この角膜矯正療法はすでに先進国では30年以上にもわたって研究され、行われており、安全性についてもFDA(アメリカ連邦食品医薬局)にて承認済みです。

アメリカではパイロット・消防士・スポーツ選手をはじめ、すでに多くの人々がこの処方を受けております。
また、何か問題が生じてもレンズ装用を中止すれば角膜は完全に元の状態に戻りますので安心して使用することができます。

費用

オルソケラトロジー料金表

マイエメラルド
弱中度近視 155,000円(片眼80,000円)
強度近視 185,000円(片眼95,000円)
別途 オルソケラトロジーキット
(洗浄保存液&装着液&スポイト&レンズケース)
2,500円
ブレスオーコレクト
弱中強度近視 185,000円(片眼95,000円)
別途 オルソケラトロジーキット
(洗浄保存液&洗浄ジェル&装着液&スポイト&レンズケース)
3,000円
保証金

82,500円(片眼51,500円)
オルソケラトロジー近視矯正を始められる際のお預かり金として、レンズ代の一部となる料金です。
保証金はレンズ保証の料金ではございません。破損紛失に関しては別途レンズ代金が掛かってまいります。

レンズ代金
マイエメラルド 弱中度レンズ 51,500円
強度レンズ 61,800円
ブレスオーコレクト レンズ共有 61,800円
保証金返金額

51,500円(片眼30,900円)
引越しや眼障害、その他本治療継続が難しい場合、医師の判断によりご返金に応じさせて頂きます。

※上記料金にレンズ代、診察費用、レンズのメンテナンス費用、処方交換、プロージェント費用が含まれております。

オルソケラトロジーの手引き

1
来院して頂き検査と診察を受け、オルソケラトロジー近視矯正の効果を評価します。この時、当院では8:30~10:00(月水木金土日曜日)午後では15:30~17:00(水木金日曜日)の間にお越し頂ければその日の内にレンズのお試しをして頂けます。通常2時間程着けて頂き効果を実感して頂けます。
2
オルソケラトロジー近視矯正治療を始められたら、患者さまに合ったレンズを探していきます。患者さまにレンズを持ち帰って頂き生活の中でご自分に合ったレンズを探していきます。オルソケラトロジーを始められる際、保証金として両眼82,500円(片眼51,500円)お預かりいたします。別途オルソケラトロジーキット代が必要となります。
3
貸出レンズをお持ち帰り頂いた後は、1週間~2週間毎に検査をして医師の評価のもとご本人様のレンズを決めていきます。この際理由無く2ヵ月以上来院が確認されない場合、レンズを返還して頂きます。この時、保証金の返金には応じれなくなりますのでご注意をお願いいたします。お持ち帰り頂くレンズはあくまで貸出用のレンズですので、紛失や破損等されましたら患者さまにご負担頂きます。
4
レンズが決まりましたら、ご本人様のレンズとして発注いたします。レンズが届き次第ご連絡いたしますのでお受け取りにいらしてください。レンズは、両眼155,000円(片眼80,000円)、強度近視の場合両眼185,000円(片眼95,000円)となっております。お支払い頂くのは前述より保証金を際引いた額となります。

Q&A

どんな人に必要なのですか?
近視進行中のお子様やスポーツをされている方、パイロットやフライトアテンダントなど職業上眼鏡やコンタクトをご使用できないなど裸眼視力が必要な方々等
年齢制限はありますか?
年齢制限は特にございませんが、7歳~65歳の方が対象年齢となっております。
一般的には小さいお子様方に矯正効果が高いといわれております。
危険性は?
通常のハードコンタクトレンズと同じです。
専門医の指示に従って頂ければ問題ありません。
レンズの取扱いについて
多少注意を要しますが、基本的な扱い方は通常のハードコンタクトレンズと同じです。
ページの先頭に戻る